生産者江袋 正和

 東京都江東区出身

 

2006年西表島に移り住む。 
西表島のパインを初めて食べて、そのおいしさに衝撃を受け、今までのパインの概念を変えられる。
「アララガマ農園」で働きながらパインの作り方を学ぶ。

2007年たくさんの人たちに助けてもらいながら自分でもパインを植え始める。

2009年竹富町より認定農業者に認定される。
個人名でピーチパインの販売を開始。

2009年3月26日 マンゴーハウス建設の実現の為
池村英勝(代表取締役)、池村建一、江袋正和の3人で、 「株式会社 西表島やまねこマンゴー農業生産法人」を設立。

2010年「西表島アナナス農園」としてスタート。

2010年マンゴーハウス完成。